workshop Nak
HOME 製品一覧 書籍案内
www.wsnak.com
WSN354 リレーボード(953)

販売中

大電流リレー(953)用リレーボードです。リレー電源は12Vが必要ですが、トランジスタバッファが付いているので5Vや3.3Vでも制御可能です。

img
img

説明

  • 基板サイズ 50x50 [mm]
  • 電流容量が大きいため、ネジ式端子台を採用しています。Y端子などで確実に接続できます。
  • 基板に取り付け用の穴が空いているため、シャーシなどに容易に固定できます。
  • 動作電圧はリレーの仕様により12Vですが、トランジスタのオープンコレクタ駆動のため、制御信号は5Vや3.3VのIC出力でも制御可能です。

関連、類似品

  • WSN222 I2C/SPI制御リレーボード
  • WSN228 リレー/FETボード
  • WSN230 ミニ・リレー・ボード
  • WSN347 大電流SSRボード
  • WSN352 リレーボード(G5NB-1A/941/942)
  • WSN353 リレーボード(941/942 2回路2接点)

ドキュメント

基板レイアウト

リレーON時、LED1が点灯します。

このシリーズのリレーは、接点構造の異なるものが何種類かあり、その違いにより使用するネジ端子が変わります。

詳細はデータシートなどで確認してください。

電流容量を大きくするため、パターンを極力太くしてありますが、もし不安を感じるようであれば、ビニル線などで補強してください。簡単に補強できると思います。

LED1、LED2横にあるN.C、N.Oのシルクに誤りがあり、逆になっています。N.Cと書かれた方がN.O(リレーOFF時オープン)となります。

LED2、R4は実装しないでください。本来はN.Cを示すインジケータですが、このLEDを実装すると、SG信号がオープン("L"レベルでも"H"レベルでも無い状態)の時にリレーがONしてしまいます。通常、TTL出力などがつながっている場合は問題ありませんが、電源投入直後など誤作動する可能性があります。LED2などを実装しない場合はJP1は不要です。また、CN1の2番ピンも無接続となります。

使用例

ご注意

プリント基板、部品販売 [販売中]

  • 下記の入力欄に数量を入力した上で「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。入力欄が表示されていない場合や商品欄がグレー表示のものは現在ご注文いただけません。
  • このボタンをクリックしても精算のページで注文確定するまではご注文は確定されません。確定する前はいつでも取り消せます。
  • 単価は消費税を含んだ価格です。消費税が上がった場合は変更することがあります。
  • #


copyright (c) 2013 workshop Nak all rights reserved. www.wsnak.com