workshop Nak
HOME 製品一覧 書籍案内
www.wsnak.com
WSN356 4桁7セグLEDアダプタ

販売中

4桁の7セグメントLEDに電流制限用抵抗を接続し、ピンの並びをそろえて配線しやすくできるアダプタ基板です。制御回路を含まないシンプルなタイプです。基板上下の余白部分を切断すれば、LEDと同じ面積になります。余白部分に切り込みを入れればパネルなどにネジ留めできます。

img
img
img
img

説明

  • 基板サイズ 50x25 [mm]
  • 7セグメントLEDにOSL40562使用。
  • 各セグメントの電流制限用の抵抗器と7セグメントLEDをまとめただけの単純なボードです。
  • ブレッドボードに実装可能です。ピンが順番に並んでいるため、配線しやすくなります。

関連、類似品

  • WSN129 I2C/SPI7セグメントLED数値表示器
  • WSN164 3桁7セグメントLEDアダプタ
  • WSN233 4桁7セグメントLEDBBアダプタ
  • WSN297 小型4桁7セグメントLED ボード
  • WSN357 I2C制御 4桁7セグLED(I2C Arduino互換)

ドキュメント

基板レイアウト

外部ピンはLEDの下になるため、LEDを実装する前にピンを取り付けておく必要があります。

切断可能ラインで基板を切断すれば、LEDとほぼ同じ大きさになります。(ラインが印刷されているだけで、Vカットなどの加工はありません)

背面にチップ部品のパターンがありますが、この版では使用できません。無視してください。

<LEDの電流制限用抵抗器>
8本の抵抗器は左図のようにはんだ付け面(LEDと反対側の面)に取り付けてください。部品面に取り付けるとLEDと干渉します。

青色や白色LEDなどの場合、VF(順電圧)が大きいため、抵抗値を小さくして電流を多くしてください。

<計算例 5V系信号の場合>
VF=3Vとすると、抵抗値にかかる電圧は
  
5 - 3 = 2V
電流値を10mAとすると
  
R = E/I = 2V / 0.01A = 200Ω

7セグメントLEDを実装したところ。

7セグメントLEDにOSL40562使用。

使用例

  • ブレッドボードでの試作
  • パネル取り付け時のアダプタ基板として

ご注意

  • 基板にはトランジスタなどのパターンがありますが、不具合があり、この基板では使用できません。

プリント基板、部品販売 [販売中]

  • 下記の入力欄に数量を入力した上で「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。入力欄が表示されていない場合や商品欄がグレー表示のものは現在ご注文いただけません。
  • このボタンをクリックしても精算のページで注文確定するまではご注文は確定されません。確定する前はいつでも取り消せます。
  • 単価は消費税を含んだ価格です。消費税が上がった場合は変更することがあります。
  • #


copyright (c) 2013 workshop Nak all rights reserved. www.wsnak.com