ST-3200交換時のUSB-HDD継続使用

今年初めのファームウェアのアップデートより、チューナ(ST-3200)を交換しても、交換前に使用していたUSB-HDDが継続して使えるようになりました。なお、違う種類のチューナからの引き継ぎはできません。

●継続使用には操作が必要

新しいチューナに、これまで使ってたUSB-HDDをつないだだけでは、未認証となり使用できません。引き継ぎ操作が必要なので、手順をレポートします。

なお、途中でフォーマットするかどうか聞いてきますので、絶対に間違わないように。

(1)設定ページの録画設定

つないだ直後は未認証になっています。

_hikari001

(2) 接続設定

上図のようにUSBハードディスク接続設定にカーソルを移動させて決定ボタンを押すと下図のようなメッセージボックスが表示されます。

ここで「はい」を選択して決定ボタンを押します。間違っても「いいえ」を選択しないように。

_hikari002

(3) 確認

注意事項をよく読んで「はい」を選択して決定ボタンを押します。

_hikari003

(4)処理中の画面

HDDの使用量により処理時間が変わります。そのまま待ちます。1TBで5分とありますので、最大10分程度です。うちのは、ほとんどRECBOXへムーブ済みだったので、1分程度で終わりました。

_hikari004

(5)処理完了

完了したらこのような画面になります。確認して決定ボタンを押して閉じます。

_hikari005

(6)認証後

認証が終わったあとの画面です。認証済みになっています。

_hikari006

●無事引き継ぎ終了

チューナを修理にだしたり、交換したら、それまで使っていたHDDが使えなくなるという、極めて原始的な仕組みは、ようやく改善されました。今後、このような機器が増えてくると思います。ひかりTVのチューナでも現在はST-3200だけみたいですが、今後、ほかのチューナにも広がるでしょう。

ただ、ダブル録画などに支障が出るとか、気になることが書いてあります。たぶん、予防線を張っているのだと思いますが、今のところ問題なさそうです。

なお、元のチューナには戻せないそうです。それと、また別のチューナに変えたときに引き継ぎができるかどうかも不明です。HDDの認証を、ひかりTVのエントリーコードをキーにすればいいだけだと思うのですが。

今年のファームウェアアップデート前に録画した番組の再生も確認してみましたが、問題ありませんでした。

画像、記事など一応、禁転写でお願いします。あと、失敗しても責任持てませんのでよろしく。

コメントは受け付けていません。