Windows8のタスクバーを不透明にする

Windows8のタスクバーが半透明で見辛くてうっとおしかったので、ネットで調べたらいいツールがありました。Winaero Tweakerというフリーソフトです。

デザイン的にはきれいかもしれませんが、背景が透けると見難くなり、視認性が悪くなります。Winodowsのバージョンが上がるにつれて、こういう余計(?)な機能が追加されて、うっとおしく思っています。エアロとかもいらないし。設定ではいじれないみたいなので、ネットで調べて見つけました。

●Winaero Tweaker

いわゆる Tweakソフトです。Windows8のほか、7、10にも対応しています。

ここでダウンロードできます。(15/5/12現在)

http://winaero.com/

解凍して実行するだけです。実行時にユーザーアカウントの警告がでますが当然ながら、許可します。

いろいろできるようですが、とりあえず、タスクバーを不透明にするのは、

Winaero Tweaker_1

XMouseの切り替えもワンタッチでできます。
Winaero Tweaker_2

Aero Snap(画面の縁にウィンドウをドラッグすると、勝手に最大化するやつ)も禁止できます。
Winaero Tweaker_3タスクバーの文字が白なので、背景色を暗くしようと思ったら、ウィンドウのタイトル文字が黒で、ボーダの色も同時に変わるので、そちらが見難くなります。文字色が場所ごとに変えられるといいのですが、このへんは全然考慮されていませんね。

 

コメントは受け付けていません。