ST-3200 旧RECBOXへのダビング

旧RECBOXからST-3200のファイルをダウンロードダビングすることはできませんが、ST-3200のアップロードダビングを使うと旧RECBOXへダビングできます。

現行のRECBOXでは、コンテンツ操作画面から「他からダビング」画面でST-3200上のファイルを取り出すことができますが、旧タイプのRECBOXのコンテンツ操作画面からは操作できません。

ST-3200からダビングを試してみたら、旧RECBOXも認識できたので、ダビングしてみましが、問題なくダビングできました。

1回につき、10件しかダビングできないのが不便ですが、直接旧RECBOXへファイルが保存できるので、あまり見ない番組は、旧REXBOXの空きスペースにまとめて保存しておけます。

ダビングは予約リストの順に行われますので、あらかじめ番組名でソートしておけばその順番にダビングされます。

ただ、番号が1桁と2桁が混じっている場合も数値としてではなく、文字の並びでソートされますので、1番の次が10番、みたいなことになります。たしか、以前は、1,2,…9,10,11…とソートされていたと思うんですが、いまは、1,10,11,12,…19,2,20.21..となります。いろいろ機能が追加されていますので、ソートの処理を簡略化したんでしょうね。

コメントは受け付けていません。