ひかりTV ST-3200レポート(2) ダブル録画、追っかけ再生など(9/14更新)

今回はダブル録画、追っかけ再生などについて書きます。

●機能としてできること

コマ落ちや画像の乱れなどの話はとりあえず、置いといて、機能として確認できたことを書きます。以下の動作を確認しています。

  1. ダブル録画中に別チャンネル(3チャンネル目)を視聴する
  2. ダブル録画中、一方番組の追っかけ再生
  3. ダブル録画中、過去に録画した別の番組の再生
  4. ダブル録画中のRECBOXへのムーブ (9/13)

つまり、同時に2番組録画でき、それとは別チャンネルの視聴、または記録中/記録済番組の再生が可能と言うことです。

未確認項目

  1. シングル録画中のRECBOXへのムーブ
  2. シングル録画中の追っかけ
  3. シングル録画中の別番組の再生

●コマ落ちとか、画像の乱れ(9/11アップデート前)

9/11 16:00頃ファームウェアのアップデートがありました。
ここで実験した時点ではまだアップデートされていない状態です。
アップデート後改善されているようです。(現在評価中)(9/13)

昨日(チューナ到着当日)、番組AとBをダブル録画中にAを追っかけ再生、途中で止めてBを追っかけ再生、しばらくしてAとBを入れ替えとか、早送りサーチや巻き戻しサーチなどごにょごにょやっていたら、追っかけ再生が始まったタイミングあたりから画像の乱れ(局所的なドロップアウト、ひどいときはほぼ全画面)が発生しました。

やっぱりだめなのかと思って、HDDをST-3200バンドルのHDCL-UT2.0Kから、玄人志向USB3.0ケースGW3.5AA-SUP3 + Seagate SATA3 2T ST2000DM001に変えてみましたが、同じような傾向でした。

やったことは、予約で同一時刻に2つの番組を同時に録画し始め、10分ぐらい経過したあたりで追っかけ再生を始め、少ししてから一旦再生を停止して、別の方の番組の追っかけ再生を始める、時々サーチしたりして負荷を掛ける、というものです。

追っかけ再生が始まったタイミング(10分)あたりから乱れが少し出始め、だんだんひどくなってきました。

やっぱりだめなのかとがっかりしたのですが,HDDのアクセスランプを見ると緑色(USB2.0)接続なので、これがボトルネックになっている可能性が高いですね。これはファームウェアの改善だけでは無理ではないかと。

症状としては、明らかにデータ転送レートの不足だと思います。なんでUSB3.0じゃないの?

コマ落ち(動きが引っかかるような動作)はないみたいですね。今回、すべてアニメ番組で確認していますが、スポーツ番組などで動きの早い(もしかするとビットレートが高い)画像だと発生する可能性はありますが、それは未確認です。

ビットレートはインターネットの回線速度もありますが、どちらかというと、USB2.0の速度不足の方が深刻のような気がします。

ネットで電源不良(タップを使うとだめ)でコマ落ちするというような記事を見かけましたが、うちは部屋にある2カ所のタップから、たこ足どころか、枝のようにつながっていて、4~5段になっています。

PCやRECBOX、NASやチューナ類もすべてそこからとっていますが、それが原因で問題が発生したことはありません。どちらかというと容量オーバでブレーカが飛ばないかと心配するくらいです。

●RECBOXでのダウンロード速度

30分番組(約2GB)を7本、ダウンロードしてその時間を測定しました(録画なしでダウンロードのみ)。約95分かかりました。1本あたり13分くらいです。IS1050では10分弱だったのでチト遅いですね。

ダウンロード機能というのは、外部からの視聴を目的としたホームサーバ機能を後から応用したみたいな感じがするので、元々速度が必要以上に高く設定されていないのかもしれません。早いのを期待していたのですががっかりです。

W録画しながらRECBOXへムーブしたら30分番組1ファイルで10分ぐらいで終わっていたみたいです。調査中です。(9/13)

W録画しながら1.9GB x 4 ダウンロードしてみましたが、59分かかりました。1本あたり15分弱です。やっぱり遅いですね。録画に影響がでるよりよいですが。
ただ、録画とか再生しながらでもダウンロードできるというのはやっぱり便利です。(9/14)

●気を取り直して追っかけ再生なしのダブル録画(9/11アップデート後)

3ch動作は無理としても、せめてIS1050と同等にダブル録画、またはシングル録画、シングル再生(追っかけ/非追っかけ)がまともに動いてくれないと、チューナを交換する意味が半減します。そこで、まず、ベーシックにダブル録画して両方が正常に録画されていることを確認しました。確認に時間がかかるため、まだざっと見ただけですが、問題なさそうです。

●やっぱりダブル録画の追っかけ(9/11アップデート後)

全くだめなのか、少しぐらいの負荷なら大丈夫なのか、というのを検証するために、再びダブル録画して途中から追っかけ再生するテストを何回かしています。サーチなどはコマーシャルを早送りしてスキップし、行き過ぎたら少し戻して、と通常使う範囲の操作で、ちょっと試して見ました。

そうしたところ、全く問題なく、ダブル録画も追っかけ再生もできているみたいなんですね、これが。昨日は追っかけ再生が始まったあたりからもやもやし出したので、ちょっと状況が違うのですが、状況が好転したみたいです。まだ、あまり回数を重ねてないので、なんともいえませんが、もしかするといけるかも。

先ほど気が付いたのですが、
9/11 16:00ごろファームウェアのアップデートが実施されています。
この評価時点では新ファームになっています。
ダブル録画の安定性向上となっていますので、改善しているようです。(9/13)

ただ、長時間サーチするとか、逆転サーチ多用するとか、たくさん負荷を掛けると録画画像が破綻するというのは確かですので、あまり変なことはしないことですね。

USBが3.0だったらもっとマージンがとれて良かったのかもしれませんね(マイコンの処理速度などの関係もありますが)。

とりあえず、しばらく様子見です。うちは録画最優先なので、もし、ダブル録画中に再生で支障がでるなら、再生はあきらめます。

●録画の前後のマージン(09/14更新)

録画開始時のマージンと録画終了時のマージンを調べました。画面にポップアップするメッセージで判断しているので相当誤差があると思いますが、録画開始は開始時刻の15秒前ぐらい、録画終了は終了時刻の30秒ぐらい後まで録画されているようです。

シングル録画の場合は、同一局で番組が連続している場合のそれぞれの番組にも適用されて、結果的にマージンの区間はオーバーラップして録画されます。つまり、両番組とも、頭が途切れたり、後ろが切れたりすることはありません。


ここに記載されている内容は、筆者が独自に調べて記述したものです。誤記、誤り、環境の違いによる結果の相違などで記載内容と実際の動作などが異なることがあっても責任は持てませんので、ご了承ください。

ひかりTV ST-3200レポート(2) ダブル録画、追っかけ再生など(9/14更新)” への2件のコメント

  1. お疲れ様です。
    早速テストしてますね。

    ダブル録画中の追っかけ再生は機能的にはできるけど、複雑なことやるとダメってとこですか。
    普通に追っかける分には影響ないのかな。
    USB2.0がネックとは、内臓型ではないのだから、作る側も考えてくれれば良いのに、、、

    とりあえずは、、普通にダブル録画して録画中の番組を追っかけること位は問題なさそうですね。
    キャンペーン期間中にどうするか悩み中です。

    • 先ほど気が付いたのですが、W録画中の追っかけとか、問題なくなっているようです。まだ、テスト回数が少ないですが、9/12日以降(知らない間にアップデート)不具合は起きていないようなんです。
      むちゃくちゃなことしなければ、問題ないかも。